不妊治療

不妊治療

不妊治療を考える。不妊の悩みについて。

価格 新聞 > 不妊治療

不妊症

世界基準として知られている、WHOによると、
「妊娠を希望し、性生活を営んでいるにもかかわらず、妊娠の成立が認められない期間が2年を超えるもの。」
という定義があるようです。

機能的に問題のない健康な男女でも、
一回の行為だけで妊娠してしまう事もあれば、
何十回やっても全く妊娠しないカップルもいて、
さらにパートナーを変えたらすぐ妊娠したというような人もいます。

多くの場合、科学的な知識のアプローチは有効ですが、
それ以外の「縁」と呼べるモノもあるようです。

不妊検査

不妊じゃないか?と疑問に思ったら、
なるべく早く検査をするのが良いです。

妊娠できるかどうかには、母体の側にタイムリミットがあります。
アレコレ悩む期間が長引くけば長引くほど
ストレスも増え、よりリスクが増えるワケです。

もし、機能的な問題が見つかったら?
と想像してしまうと、とても怖い事です。

でも、その悩みには、どこまで行っても答えはありません。

たとえ残酷な事実が判明しても、
そこから悩んだ方が、
より良い答えが早く見つける事が可能です。

不妊の原因としては、女性ばかりではなく、
男性の側にも問題がある事も多いので、
パートナーの精液検査も一緒に行いましょう。

不妊 サプリ

不妊が分かっても、全てをあきらめるには早いです。

生活習慣、骨格のゆがみの改善、ストレス解消など、
自分の体を大切にケアする事で、妊娠できるようになる可能性あります。

リンク先のような、
不妊の改善に有効とされるサプリメントや
栄養補助食品などは、一般的に効果が認めらるものが多いです。

それも、生活習慣の改善を同時に見直す事で、
ようやく効果を発揮すると考えるのが、
適切な考えだと言えるでしょう。

不妊治療 費用

不妊治療に限らずですが、
治療には、
「保険診療」と「自由診療」があります。

保険診療は保険が適用されるので、
実質的な負担は少な目です。

10万を超える事は稀です。

不妊治療で良く知られている
人工授精法、体外受精、顕微授精などは、
自由診療なので、
高い所では、100万円を超える治療方法もあります。

自治体によっては、助成金を出す所もあるので、
地元の産婦人科やクリニックへの相談は済ませておくのが良いです。

不妊治療 鍼灸

不妊治療に鍼灸をされる方もいます。

医学上は、不透明な点も多いようですが、

多くの女性が悩む冷え性などは
受精卵の着床にとって悪影響があるのは
医学的に多くの医師から認められている事実です。

鍼灸によって直接不妊が解消するというわけではありませんが、
間接的に改善する可能性は十分にあるようです。

心当たりがあれば、
治療の選択肢として検討するのが良いでしょう。




不妊治療 トップへ戻る