包茎治療

包茎治療

包茎治療や包茎手術について

価格 新聞 > 包茎治療

包茎治療

包茎は、悪臭、早漏や性感染症など、
健康にも、心理的な問題から対人関係にも
影響を及ぼす事が知られています。

皮が余る原因は、
ペニスそのものの大きさが十分でない場合がほとんどです。

思春期であれば、成長の仕方は個人差があるので
それほど深刻にならずに、化学物質の少ない食事と
ちょっとしたトレーニングで
問題を解消する事は十分に可能です。

思春期を過ぎていても皮が余ったままという場合でも、
最近では効果的な解決策が絞り込まれてきています。


包茎手術

どうしても、十分な結果が得られない場合、
最終的には、手術を受ける事になります。

ただし、最近では単純に切除しないようです。

余った部分は性感にも関係していて、
性交時に痛みなどの違和感を一生抱えるような
リスクも多くはないとはいえ存在します。

包茎や短小などの悩みは、多くの人が抱えている事なので
一人で抱え込まないで、専門の医者に診てもらうのが、
王道の近道だと言えるでしょう。

包茎 直し方

剥き癖を付ける事は、やはり、有効なようです。

特に、入浴時にはしっかり剥いて
ちゃんと洗うようにして清潔に保ち、
状態をチェックするように習慣づけます。

洗う時は、洗剤は使わないようにします。
洗剤に含まれる界面活性剤は、ごく微量ながら皮膚に浸透し、
一説によると環境ホルモンのような作用をする事を指摘した論文があります。

自然素材の石鹸 アレッポの石鹸 などはオススメです。


食事もなるべく加工済みの食品を避けましょう。
保存のための添加物や、必要以上に旨味を増す加工など、
化学薬品が使われている可能性があります。

なるべく自然の食材を買って、自分で調理するようにします。

健康な生命活動を阻害する要素を
できるだけ排除するようにします。

1か月も続ければ、以前よりも性欲が強くなるといった
変化があらわれる人も多いです。

包茎 手術後

手術をした後でも、トレーニングは必要です。
亀頭の痛みなどは、敏感すぎるために起こるので、
徐々に慣らしていく事が必要です。

人体は上手くできたもので、皮膚も鍛える事ができます。

それよりも術後でツライ所と言えば、
長期間「オナ禁」を強いられるところです。

キズが塞がったあとは、ローションを使うのもアリです。


包茎治療 トップへ戻る